×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビ・ニキビ跡赤み改善HP

〜ニキビニキビ跡治療紹介ホームページ〜

HOME お問合せ先 リンク集 利用規約  

 ニキビアイテム採点表
 新規ニキビを防ぐ方法
 ニキビ跡の凹みを
   改善する方法
 ニキビ掲示板
 ニキビ画像掲示板
 管理人プロフィール
 ニキビ日記
 おすすめ輸入代行



Since 2005/4/09
Copyright(C)
2005 nikibi-hp.
All rights reserved.
ホーム > 新規ニキビを防ぐ方法  > 内服抗生物質

 内服抗生物質

抗生物質とは「微生物の生産する他の微生物の生育を阻害する物質」を言います。 類似の言葉である抗菌剤とは微生物の生産には因らず、完全に化学的に合成したものを言います。

その為、ニューキノロン系のクラビットは厳密には抗生物質とは違いますが 抗菌剤も含めて抗生物質という言い方が一般的のようです。

抗生物質の作用には
・細菌を殺す殺菌的作用
・細菌の増殖を抑制する静菌的作用
の2通りあります。

 ミノマイシン

・ニキビ治療で代表的な抗生物質。

 ロキシスロマイシン(ルリッド150錠)

・ミノマイシンよりも副作用が穏やかな抗生物質。

 レボフロキサシン(クラビット)

・殺菌的な作用を持つ抗菌剤。

 抗生物質の使用の注意点
抗生物質は長期使用でMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ状球菌) やVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)に代表されるように耐性菌を生むので、使用には注意が必要です。

ニキビの原因になるアクネ菌に対して使用を続けた場合、長期的に見ていずれ効果が無くなり

・抗生物質が効かなくなる耐性菌を生む。
・他の感染症に感染した時に抗生物質が効かない

等の問題もあるのでニキビに対しての使用には、重症ニキビを一時的に抑えて他の治療に切り替える等の方法が 良いようです。

▲ページの一番上に戻る