×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビ・ニキビ跡赤み改善HP

〜ニキビニキビ跡治療紹介ホームページ〜

HOME お問合せ先 リンク集 利用規約  

 ニキビアイテム採点表
 新規ニキビを防ぐ方法
 ニキビ跡の凹みを
   改善する方法
 ニキビ掲示板
 ニキビ画像掲示板
 管理人プロフィール
 ニキビ日記
 おすすめ輸入代行



Since 2005/4/09
Copyright(C)
2005 nikibi-hp.
All rights reserved.
ホーム > ニキビ跡の凹みを治す方法  > TCA(Trichloroacetic Acid
   「トリクロロ酢酸」)ピーリング

 TCA(Trichloroacetic Acid 「トリクロロ酢酸」)ピーリング

 ケミカルピーリング説明と効果
ケミカルピーリングとはグリコール酸(フルーツ酸)やサリチル酸を使って 肌の表面の角質層を取り除く(溶かす)ことによってニキビの出来にくい肌にすることと 真皮の繊維芽細胞を刺激してニキビ跡を改善させる効果があると言われています。

 ピーリングの強さ
弱:乳酸・グリコール酸(フルーツ酸)

中:TCA・サリチル酸

強:フェノール(ブルーピール)

の順で強くなります。

一番効果の強いフェノールは色素沈着等のトラブル多発の為
現在ではほとんど使われる事がなくなったようです。

皮膚科や美容外科で一番広く使われているのが効果の穏やかなグリコール酸(フルーツ酸) です。グリコール酸が広く使われている理由は皮膚の厚いアジア人種には効果の強いピーリングは向いていないと言われているからです。

 TCAピーリング
ここで取り上げるのは特に高濃度のTCAによるピーリングです。
高濃度のピーリングは角質除去だけでなく、真皮の繊維芽細胞を刺激しコラーゲンの生成を促すので 長期的にみて凹みの改善が期待できるようです。

▲ページの一番上に戻る